美酒爛々

美味しいお酒を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不覚に…



気づけば桜が咲いてしまいました…久々に更新です。
以前dancyuの話を少ししましたが、その号で気になりましたのが剣菱です。

よくよく思い出して見ますと…

ちゃんと飲んだことない…

20年前に師匠のお店でバイトしてた頃、よく配達していたのはよく覚えています。

そして早速得意のスーパーの酒売り場より購入して飲んでみました。
口あたりはいわゆる日本酒、当たり前ですが「あっ、日本酒!」となります。
ただ飲んだ後は口の中に残らず、すーっと消えていきます。
長く続く理由が少しわかったような気がしました。

需要と供給の話になりますが、酒造りの歴史の20年は短いかもしれませんが、
20年前配達していた人間が、改めてちゃんと飲む機会が作れる。
長く続くには何らかの意味がやはりあるものですね。

(さほど胆力がない私ですが…)
美味しいお酒への道創りへ
スポンサーサイト

顔に…



「買えない酒に価値はない」
dancyuの今月号の記事の中にあった言葉です。
個人的な考えですけど、本当そうです。
お酒飲んでて、「めったに手に入らないお酒でうんちゃら…」
美味しいんですけど、今度それを薦めるかというとしませんね。
この言葉を目にしただけで、買ってよかったと思っております。

さて酒販店さん、飲食店さん、量販店さん、それぞれ取り扱うお酒が違います。
店主さんやバイヤーさんの思い入れ、こだわり、考えがやはりあると思います。

最近マイブームではありませんが、近所のスーパーで日本酒をあさっております。
やはりスーパーなので値段も安い、純米酒でも1000円切るのもたくさんあります。

知っている蔵はほぼなく、知らない蔵、メーカーさんばかり…。
それを買ってきては夜な夜な飲んでおりますが、
「うん?」と思うのもあれば、「えっ!なかなか!」と思うものも。

何事もきっかけですし、また何がきっかけになるかわかりませんので、
スーパーも侮るなかれと申し上げます。

(日本酒の取り扱い増えてませんかね?)
美味しいお酒への道創りへ

たまに…

ふと、なぜお酒飲むのかという問いが頭に浮かびます。
「そこにお酒があるから…」なんて言えれば…と思いますが、
最近はほぼルーティンですね、
仕事 → 食事 → 飲酒 → 寝る
ある意味素敵なルーティンです…、良し悪しは別にして…。

今回は久々に外で日本酒を飲みましたので、ご報告です。
(写真アップがほぼですが…)

滋賀 三連星


広島 賀茂金秀

2種類しか飲めませんでしたが、気分も変わりなかかでした。
今回は飲みすぎより、食べすぎで終わりました…。

(イベントがちらちらと…)
美味しいお酒への道創りへ

国酒に…



五代目円楽の人情話が心地よいなあ…とお酒飲みながら聞いております。
まだ聞き始めたばかりなので詳しくはありませんので、あしからず。

さて以前新聞か何かで「日本酒を国酒として海外で紹介」という記事を目にしました。
日本酒にとって、素晴らしいことですけど、ふと思い返すと日本では…。

お酒は嗜好品ですので、好き嫌いはもちろん、合う合わないもあるものです。
しかしそれでももう少し広まる、知られても良いような気もします。

「国」と冠をつけるなら、誰でも簡単にでも説明できるものでないと。
日本酒の海外の評判が高まるのは良いことですが、
海外の人のほうが詳しくなってしまっては、これまた本末転倒ではないでしょうか。

地元のお酒や蔵元を誰でも知っている、それ位になれば嬉しいかなと、
ホッピー飲みながら思う今日この頃です。

(日本酒も飲んでおりますのでお許しを…)
美味しいお酒への道創りへ

感に…

ある日定番のルート(もちろん立ち呑み)を通り地元へ、
日本酒でも買うかなあとスーパーへ。

スーパーの入口近くで何故かある銘柄が頭の中に…。
特によく飲む銘柄でもなかったので、不思議だなと感じつつ売り場へ…。

売り場に行くと、何と頭に浮かんだ銘柄のお酒が!

こちらです。
岩手 菊の司酒造

七福神 純米

お酒が呼んだのでしょうか…。
もちろん購入し、美味しくいただきました。

なお、お酒以外でこの感は働かない模様で…。

(伊佐大泉また棚に戻してくれないですかね…)
美味しいお酒への道創りへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。