美酒爛々

美味しいお酒を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回純米燗・夏の宴 その6

これまで駆け足(途中から千鳥足?)でお届けしてきた宴の紹介も、大詰めを迎えてきました。当日この頃には恒例の抽選会が行われていました。「何か当たればいいなあ…」と思いながらも、「時間がないぞ、あと少しだ」と我を奮い立たせていましたが、既に軽~くフ~ラフラでした。

宮城県 金の井酒造
HI380090.jpg

綿屋 純米原酒 17BY Alc17度 日本酒度+3
麹米阿波山田錦(65%) 掛米阿波山田錦(65%)

原酒ということもあり、「日本酒だ」と感じる、しっかりした飲み口のお酒でした。これ以外にも色々取り揃えていたみたいですが、時間に追われ後ろ髪引かれる思いで、ブースを離れました。

宮城県 萩野酒造
HI380089.jpg

純米酒 山田錦 萩の鶴 17BY Alc15~16度 日本酒度+2
麹米山田錦(65%) 掛米山田錦(65%)

飲み口がフルーティーで、すっきりして身体にスーッと入っていく感じがするお酒でした。1年半ほど寝かしたということで、まろやかな味わいがあるかと思いましたが、良い意味で期待を裏切られました。

秋田県 栗林酒造店
HI380088.jpg

純米吟醸 深山春霞 Alc15~16度 日本酒度+4
麹米美山錦(60%) 掛米美山錦(60%)

こちらのお酒も前のお酒同様、飲み口はフルーティーですが、飲んだ後にお酒の旨みが身体中を駆け巡るように、しっかりとした味わいがありました。この主張の強さが北東北らしさなのかなと、ふと思ってしまいました。

岩手県 月の輪酒造
HI380084.jpg

純米酒 月の輪 Alc15度 日本酒度+2
麹米たかねみのり(65%) 掛米たかねみのり(65%)
若狭屋徳市 手代 Alc15度 
麹米山田錦(80%) 掛米(80%)

少しタイプの違う2つのお酒ですが、両方に共通していたのは米の旨みがはっきり味わえる点。「月の輪」だけで止まらず、ついつい「若狭屋徳市 手代」にまで手が伸びてしまいました。


・・・宴の後で

今回、「第3回純米燗・夏の宴」に参加させていただき、私なりに19の蔵元のお酒を紹介させていただきましたが、まずは紹介できなかった蔵元の皆様にお詫び申し上げます。

試飲させていただきながら、メモを取るのを忘れてしまったり、師匠のお店 http://www.kawaguchicci.or.jp/shiratoriyasaketen/ で取り扱っていたことで断念しました。しかし今回、参加された蔵元の皆様のおかげで、美味しいお酒との出会いを果たすことが出来ました。有難うございました。

宴の後のテーブルの上には、私を助けてくれた仕込み水と、思い出したように食べた4枚のそばの器が…

美味しいお酒への道創りへ

さあーって、そろそろ師匠にもご登場いただきますか
スポンサーサイト

第3回純米燗・夏の宴 その5

前回までで約半分のブースを回り終えましたが、この時点で既に時間との勝負に。しかし駆け足から、徐々に、徐々に千鳥足へと…

神奈川県 泉橋酒造
HI380092.jpg

いづみ橋 紀(はじめ) Alc16.5度 日本酒度+13
麹米山田錦(50%) 掛米山田錦(65%)

酒度が高いことからも口当たりは日本酒のしっかりとした味わいが、そして飲んだ後は何故か身体に爽快感があふれるお酒でした。結構クセになってしまうタイプかも知れません。

新潟県 逸見酒造
HI380094.jpg

真稜 山廃純米大吟醸 Alc16~17度 日本酒度+1
麹米新潟佐渡産五百万石(50%) 掛米新潟佐渡産五百万石(50%)

4年間熟成させたというこちらのお酒。その熟成をはっきり伝えるように、米の美味しさがその飲み口に表れているお酒でした。素材の良さをしみじみ感じてしまいました。

神奈川県 大矢孝酒造
HI380093.jpg

蓬莱 Alc16~17度 日本酒度+3
麹米美山錦(60%) 掛米美山錦(60%)

飲み口が爽やかなお酒でしたが、その爽やかさが通り過ぎると、次にしっかりとした旨みが波のように戻ってくる印象でした。色々な味わいがあるのが、やはり日本酒の魅力なのかもしれません。

山形県 羽根田酒造
HI380091.jpg

羽前白梅 純米大吟 Alc16~17度 日本酒度+4

純米大吟醸の通り、柔らかくてクセのないやさしいお酒。その柔らかさの中にも、ピンっと何か一筋通るものを感じさせてくれます。こちらも背筋を伸ばしてしまいました。

この頃には十分に美酒を堪能し、いわゆる「いい気分」。しかしまだまだ残っていると、テーブルの仕込み水を正気を仕込む水と勝手に思いながら身体に入れ、次なるブースを見つめていました。

美味しいお酒への道創りへ

第3回純米燗・夏の宴 その4

今回も現場そのままに、駆け足でお送りします。

石川県 白藤酒造店
HI380078.jpg

奥能登の白菊 純米酒 Alc15~16度 日本酒度+4
麹米山田錦(55%) 掛米五百万石(60%)
H9BY純米吟醸 古酒 Alc15~16度 日本酒度-3
麹米山田錦(55%) 掛米五百万石(55%)

今回の宴の中で、個人的にお気に入りのお酒。奥能登の白菊は最初の口当たりはすっきりで、その後で甘みを感じましたが、甘みもくせがなく、飲んだ瞬間に身体の中を風が吹き抜けたような爽快感を感じました、大袈裟かもしれませんが。古酒のほうも熟成された甘みながらも、まろやかで飲みやすいお酒でした。

富山県 成政酒造
HI380079.jpg

魂を醸す 雄山錦 特別純米 Alc14~15度 日本酒度+3
麹米雄山錦(60%) 掛米雄山錦(60%)

爽やかな甘さに吹かれながら、こちらのお酒をいただくと、身体の中にぐっと引き締まるようなものを感じました。日本酒らしい日本酒と言えば簡単になってしまいますが、「う~ん、日本酒だと」1人で唸ってしまいました。

静岡県 青島酒造
HI380081.jpg

喜久酔 特別純米 Alc15~16度 日本酒度+6
麹米山田錦(60%) 掛米山田錦(60%)

口当たりが柔らかく、スッーと身体に染みて行くお酒でした。あまりの心地よさに純米吟醸も一緒に、ついつい杯を重ねてしまいました。この頃から飲むと調子に乗ってしまうタチの悪さが少しずつ顔を出してきています。

神奈川県 川西屋酒造
HI380080.jpg

隆 黒ラベル Alc16.5度 日本酒度-4.5
麹米山田錦(35%) 掛米山田錦(35%)
隆 赤紫ラベル Alc15.8度 日本酒度+4
麹米五百万石(50%) 掛米五百万石(50%)
隆 白ラベル Alc15.8度 日本酒度+4
麹米五百万石(50%) 掛米若水(55%)

今回の宴にあたり師匠から、

「隆もいいよ、必ず飲んでおきなよ」

との一言が。その言葉を思い出しながらいただくと、まさにその言葉通り。とってもフルーティーながらも、日本酒を忘れさせない口当たり、そして驚くほど飲みやすいお酒でした。美味しいお酒を飲むとニコニコ顔になる私ですが、このときばかりは笑いが止まりませんでした。でもある後悔が、

「もっと早く飲んでおけば…」


美味しいお酒への道創りへ

第3回純米燗・夏の宴 その3

前回に続いて、宴の様子とお酒の紹介です。

仕込水の名の通り、身体に水を仕込み、ブースへ再スタート。

大阪府 秋鹿酒造
HI380074.jpg

山廃純米原酒 山田錦 2006 Alc18~19度 日本酒度+5
麹米地元産山田錦(70%) 掛米地元産山田錦(70%)

1年以上熟成されているこちらのお酒、その熟成の結果がその飲み口にも表れていました。飲んだ後にお酒が持つ旨みが口の中にふわっと広がりました。

三重県 タカハシ酒造
HI380075.jpg

天遊琳特別純米酒2003年 Alc15~16度 日本酒度+4
麹米山田錦(55%) 掛米兵庫夢錦(55%)
天遊琳特別純米酒 Alc15~16度 日本酒度+4
麹米山田錦(55%) 掛米兵庫夢錦(55%)

飲みやすいながらも、旨みを味わうことが出来て、飲んだ後にしっかりと存在感を主張するお酒でした。ちなみに宴の後にもこちらに寄りましたが、快く対応していただき有難うございました。

三重県 森喜酒造
HI380076.jpg

「英」山廃純米酒 Alc15.7度 日本酒度+7
麹米無農薬山田錦(70%) 掛米無農薬山田錦(70%)
特別純米酒 妙の華 12年大古酒
麹米伊賀産山田錦(60%) 掛米五百万石(60%)

「英」は最初の口当たりはフルーティーでしたが、米の旨みが広がるお酒でした。妙の華は12年物の古酒ということもあり、前に飲んだ6年物の味を想像していましたが、見事に裏切られました。美味しさをまろやか~に包み込んだお酒で、そのまろやかさにうっとりするくらいでした。

愛知県 長珍酒造
HI380077.jpg

17BY阿波山田65 無濾過・瓶火入 Alc18~19度 日本酒度+5.5
麹米阿波産山田錦(65%) 掛米阿波産山田錦(65%)

前の古酒とは変って、今度はすっきりとした飲み口で、身体にまた違った刺激を与えてくれるお酒でした。良い比較になり、日本酒の奥の深さを実感しました。予断ですが資料にありました「酒は人と人とを結ぶもの」というフレーズが気に入ってます。

今回は駆け足で紹介しましたが、実際に当日もテーブルとブースを行ったり来たりで、今回隣の席でいろいろお話させていただいた方にも「大変そうですね」と言われてしまいました。でも美味しいお酒があるかと思うと中々立ち止まれない、悲しい性です…

美味しいお酒への道創りへ

第3回純米燗・夏の宴 その2

今回より宴の様子と、お酒の紹介です。

会場入りし、自分の席を見つけ、いただいた資料をパラパラと眺めていました。

「多分、会の説明とか乾杯とかあるんだろうなあ~」

なんて思っていましたが、甘かった。気がつくと周囲は既にざわざわ、蔵元のブースには人だかりが…

時間にも限りがあることを思い出し、すぐに席から立ち上がり、ブースに向かいました。そして頭の中で今回の目標を改めて思い出しました。

「全部の蔵元を試飲する、絶対に」

その目標と横着な性格もあり、ブースの端から回ることに。

まず向かったのは 福岡県 旭菊酒造。

HI380071.jpg

旭菊純米吟醸 Alc15~16度 日本酒度+3
麹米山田錦(50%) 掛米山田錦(50%)

こちらのブースに向かうと、何故か1合徳利が。
蔵元の方から「乾杯用でこちらをご用意してます」とのこと。
その場で飲むわけにも行かず、また席に戻り手酌で味わうことに。

久々にゆっくり味わう日本酒でしたが、口当たりが大変柔らかく、抵抗なく楽しめるお酒で、1合徳利でしたが、すいすいと飲んでしまいました。しかしこれが後々ひびくことに…

美味しさの余韻に浸るのを我慢し、次のブースへ。

広島県 竹鶴酒造

HI380072.jpg

八反純米原酒 Alc17度 日本酒度+2
麹米八反(60%) 掛米八反(60%)

ここからはブースの前で立ちながらの試飲に。
6年間熟成されたお酒でしたが、口当たりから米の味がしっかりと出ており、その味がふんわりと口の中に広がるのが特徴でした。

味そのままに私自身ももふんわりとしたまま、次のブースへ。

兵庫県 田治米
HI380073.jpg


竹泉 純 米山田錦 燗印 Alc14度 日本酒度+8.5
麹米兵庫県産山田錦(70%) 掛米兵庫県産山田錦(70%)
竹泉 純米 どんとこい Alc15度 日本酒度+6
麹米朝来市産どんとこい(65%) 掛米朝来市産どんとこい(65%) 

どちらも少々酒度が高めでしたが、燗酒故か、それを感じさせない飲みやすさと、柔らかさが感じられるお酒でした。

この頃にはすでに身体は日本酒モードに。しかしこのままでは味がはっきりわからなくなると感じ、席に置かれた各蔵元の仕込み水を求め、席に戻ることに。この後、これを何回も繰り返すことになるなんて。

美味しいお酒への道創りへ

第3回純米燗・夏の宴 その1

先月、自分用のお酒を求めて、師匠のお店へ。
すると1枚の広告が私の目に飛び込んできました。

HI380101.jpg


「神亀さん主催の会だけど、行く?」と師匠の一言。
私は勿論迷うことなく、「行きます、絶対行きます」。

そんな掛け合いから、あっという間に当日に。
師匠の大事な取引先ということで、猛暑にもかかわらずスーツを着込んで会場に。会場はすでに美味しいお酒を楽しみにしている人たちの熱気でヒートアップしてました。昨今の焼酎ブームや、私自身も宮崎で芋焼酎をかじってきたこともあり、あまり日本酒に目を向けることが少なかったのですが、やはり日本酒の広がり、親しみやすさ、そして私たちとのつながりの強さを実感しました。

HI380085.jpg


この会の模様について、何回かにわけてお酒を紹介しながら、お届けしたいと思います。

美味しいお酒への道創りへ

師匠のご紹介

前回触れました、私のお酒の師匠をご紹介します。

私の師匠は埼玉・川口で白鳥屋酒店を営まれているご夫婦です。気がつけば、もう十数年来のお付き合いをさせていただいております。

www.kawaguchicci.or.jp/shiratoriyasaketen/

HI380097.jpg

(白鳥屋酒店内)

いつも店に立ち寄ちよると、

「いいお酒入ったけど、試してみる?」
「こんなお酒あるけど、飲んでみる?」

と、お酒を紹介していただき、酒好きのただの戯言のような感想にも、

「うん、うん、そうだよね」
「なるほど、そういう表現もあるのかあ」

と、酒呑みな私を優しく見守っていただいております。よく試飲させていただいていますので、見かけたときには気軽にお声をおかけください。

師匠自身も美味しいお酒をお客様に提供するため、さまざまな蔵元とのお付き合いに努められています。

HI380096.jpg


(師匠お薦めの神亀酒造商品)

これから師匠のお薦めの一品も、どんどんこちらで紹介していきたいと思います。

そして先月、師匠のお店で私を躍らせる一枚の広告が…。
それはまた次回紹介いたします。

美味しいお酒への道創りへ

店舗情報
白鳥屋酒店
住所   埼玉県川口市本町4-5-26-101
TEL    048-222-2801
営業時間 10:00~22:00

美味しいお酒への道創り

美味しいお酒を楽しんでいますか?
ビール、ワイン、日本酒、焼酎などなど、いろいろな種類のお酒があり、
それぞれに有名なお酒、1人でこっそり楽しんでいるお酒があると思います。

そんな私も「酒は憂いの玉箒」をモットー(言い訳?)にお酒との出会いを繰り返してますが、1人だけで楽しむだけではもったいないお酒がたくさんあることに気づき、そんなお酒を紹介するブログを立ち上げることにしました。

まだまだお酒に関しては未熟なため、師匠(紹介については後々)の助けを借りながら進めていきます。

美味しいお酒への道創りへ


お気に入りの紫優焼酎「赤江」を含む宮崎・落合酒造所のお酒

お気に入りの紫優焼酎「赤江」を含む宮崎・落合酒造所のお酒

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。