美酒爛々

美味しいお酒を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の終わりに…

早いもので今年も終わろうとしています。

振り返ってみると、「美味しいお酒への道創りへ」をモットーにブログを進めてきましたが、少しはそんな道創りができたかなあと思ったり、まだまだ道半ばだなあと感じたりもしています。

そんな1年をふりかえる中、こちらのお酒をいただきました。

宮崎 岩倉酒造所
HI380169.jpg

三段じこみ 大麦 米麹 常圧蒸留 Alc25度

こちらの蔵元は家族だけで焼酎造りをされていて、そのため生産量も少なく、なかなか珍しい1本です。

早速抱えて、師匠のお店に。勿論自慢しに。

師匠のお店で早速試飲。蓋を開けた時から、きれいな麦の香りが漂ってきて、口に含むと麦の甘みが決してでしゃばらずに広がり、そしてゆっくりゆっくり丸みのある味わいが消えていく、変な例えかもしれませんが、夜の海の打ち寄せる波のような印象を受けました。

久々に感動、そして久々に飲むのがもったいないと思ってしまい、師匠に管理してもらうことに。そんなお酒がお店にどんどん増えてしまったような…。

さて、今年たくさんの美味しいお酒に出会い、紹介できたことを嬉しく感じています。また師匠ご夫婦、またお酒造りに携わっている蔵元の皆さん、改めて有難うございます。来年ももっともっと美味しいお酒との出会いを紹介して、「道」を伸ばしていきたいと思っています。

来年も宜しくお願いいたします。良いお年を!

美味しいお酒への道創りへ
スポンサーサイト

たまたまに…

世間は年の瀬ですが、こちらは目の前にある物を片付けるのに精一杯といった感じで、「忘年会だ!」「クリスマスだ!」という声を聞くたびに、「あー、やっぱり12月だな」と思い出したりしてみる毎日です。

そんな年の瀬、師匠のお店でも年末・年始に向けての準備で大忙しといった感じでしたが、さほど気遣いもせず、足を運んでしまう私(師匠、ごめんなさい)。

特に目当ても無く、日本酒・焼酎の棚の前を行ったり、来たり。知っている銘柄か?それとも知らない銘柄にチャレンジか?お酒に限らず、こういう機会って、結構ありますよね。

そして、やっとの思いで手にしたのがこちら。

鹿児島 大山酒造
HI380167.jpg

伊佐大泉 さつまいも 米麹 Alc25度 常圧蒸留

こちらのお酒、蔵元は一蔵元一銘柄でやってらっしゃるとの事ですが、香り、風味から芋の旨みが心地よく感じられる1本で、その心地よさがゆっくり、ゆっくり消えていきます。25度ではありますが、生でも飲み飽きずに飲めるお酒でした。

これを選んだ時に師匠から、

「さすがだね、いいの選ぶねー!」とお褒めの言葉をいただきましたが、

「いやーっ」と頭をかきながらも心の中では、

(たまたまなんだけどなあー)と、少々冷や汗が。

偶然の出会い、でもそれは必然かもしれませんね。

美味しいお酒への道創りへ

お祝いに…

今年も残り20日ほどとなりました。本当に気がつけば1年なんて、あっという間に過るものですね。

バタバタする中でも、少しずつこの1年を振り返ると、やはり師匠の助けの下、このブログを立ち上げ、続けてきたことが1つの財産として残った気がしています。

お酒が先か、ブログが先か、ではありませんが、美味しいお酒があるから多くの人に知ってもらいたく、またより多くの美酒を知ってもらうためにお酒を学び、探し歩くこととなりました。

このように思いを馳せていると、「そういえば…」とふと気づくことが。

「これ紹介するの忘れてた!」、という訳でこちら。

宮崎 落合酒造場
HI380166.jpg

赤江 紫優(ムラサキマサリ) 米麹 Alc25度 常圧蒸留

ブログの第1回で紹介した私お気に入りの焼酎です。芋焼酎では良く使われる「黄金千貫」ではなく、「紫優(ムラサキマサリ)」という芋を使ったこちらのお酒ですが、他の芋焼酎とは違う風味がしっかり味わえながらも、決してくどく残ることも無く、豊かな飲み心地が幸せな気持ちにさせてくれます。

ちなみに宮崎・霧島酒造で年2回出される、かの「赤霧島」も減圧蒸留ではあれ、同じ「紫優(ムラサキマサリ)」を原料としています。年2回の出荷ということもあり、「赤霧島」は大変な人気のようですが、個人的には「何で?赤江の方が…」と1人振れ回っています。

追伸
昨日、今年最後の結婚式に参列させていただきました。韓国遊学時代を一緒に共にした友人の結婚式でしたが、数年ぶりに会う友達とも顔を合わす事が出来、楽しい時間でした。

内藤 圭祐さん&桂木 絵美さん 結婚おめでとうございます。

お祝いに…、ではありませんが、こちらで改めてお祝い申し上げます。

美味しいお酒への道創りへ

師匠のお薦め ~ 熊本 香醇 黙壷子

師走です。早いもので此処彼処でクリスマスソングが耳に入ってくる季節になりました。

11月は何やかんやで以前に比べ、さほど更新も出来ず、少々反省しております。師走とはいえ、出来る限り美酒との出会いを紹介しなければと勝手に自負しております。

そんな自負を抱え、やっぱり師匠のお店へ。大手デパートのお酒売り場よりも品揃えが楽しくて、自宅に帰るかのように足が向かっています。

情報交換も兼ね色々話をさせてもらっていると、

「これ開けて、試してみようか」と、ガッツポーズな一言が。それがこちら、

熊本 松の泉酒造
HI380163.jpg

香醇 黙壷子(もっこす) 米 米麹 Alc25度

以前から米焼酎がもう少しブレイクしてもいいかなと勝手に思っていましたが、それをまったく裏切らないお酒でした。
飲み口は米焼酎らしく、きりっとしていて、飲んだ後に米の甘みが口の中に戻ってくるお酒でした。

芋芋している私ですが、米もやはり侮れません。これだからこそ、やはり師匠のお店に考えなしに足が向いてしまいます。

(品揃えが楽しい師匠のお店)
http://kawaguchicci.or.jp/shiratoriyasaketen/
(知らぬ間に美酒紹介盛りだくさんのブログはこちら)
http://oisiisake.blog119.fc2.com/

美味しいお酒への道創りへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。