美酒爛々

美味しいお酒を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージに・・・

時々お伝えしていますが、試飲を薦められるのが苦手です。
(師匠のお店では相変わらず別ですが…)
久々にその苦手な試飲にハマってしまいました。

某デパートにて日本酒か焼酎か、などと物色していると、
「焼酎の試飲してますので是非お試しを!」との声が…。
やんわり断りますが、その先には聞いたことはあるもまだ試してない焼酎が…。
そのままずるずると引き込まれます…。

試飲が始まると、さっきまでの弱気はどこへやら、飲み始めては
逆にがんがん聞き始めた自分が気づけばいました。
そして今回紹介するのはこちら。

鹿児島 原口酒造
HI380497.jpg
春きらめき 大麦(有機自家栽培) 大麦麹 Alc25度

芋焼酎「西海の薫」を醸す蔵の麦焼酎です。
鹿児島というと、やはり芋焼酎、というイメージが強く、
麦焼酎があったことにちょっとびっくりしました。
でもよくよく考えてみると、小正醸造さんでも「蔵の師魂 麦」も
出してますので、イメージ先行な自分に凹んでしまいました。

さて、こちらの麦焼酎、非常に甘みがあるのが特徴でした。
生で飲んでも、お湯割で試しても、「麦焼酎?」と思えるほど、
甘みが楽しめます。

この原口酒造さんは、農業生産法人として原料にこだわっており、
レギュラー芋焼酎の米麹も国産米を使い、この麦焼酎も
自家の畑で栽培したものを使用しています。

鹿児島だから…、麦だから…、勝手なイメージは禁物ですね。

(まずは素直に…)
美味しいお酒への道創りへ
スポンサーサイト

小粒に…

以前韓国の友人より頼まれていた離乳食を送りましたが、
その後、返事がありません…。所詮、こんなものです…。

さて「宮崎の米焼酎」と聞くと、どれを思い浮かべるでしょうか?
こちらなんかも有名ですね。

宮崎 尾鈴山蒸留所
HI380495.jpg
山翡翠 米 米麹(白麹) 常圧蒸留 Alc25度

有名で普通に販売しているところは多くはありませんので、
紹介するのは気が引けますが、有名な分やはり美味しいです。

しかし最近私は「宮崎の米焼酎」と聞くとこちらが真っ先に浮かびます。

宮崎 アカツキ酒造
HI380496.jpg
暁 米 米麹(白麹) 常圧蒸留 Alc25度

こちらの蔵はこの「暁」一銘柄のみを作り、そして年間生産石高も
非常に少なく、ある意味で「幻…」なんて言われ方もされています。
でも山翡翠よりは見かけます、普通に。

味の方は、生で飲んでも口当たりは非常に柔らかで、
常圧蒸留を感じさせないスッと来る感じの中から、
米のうまみがグッ、グッとこれまたやさしく出てきます。

小さくとも美味しい物を生み出せるって、やはりすごいです。

(小粒でもピリリと辛く…)
美味しいお酒への道創りへ 

衝撃に…

呑む気やお酒への関心は昔に比べ格段に高いのですが、
体力は格段に落ちているのに気づかされる今日この頃です。
最近では外で飲む時は、えらく気を張って呑んでます。

さて、今回ご紹介するのはこちら。

三重 瀧自慢酒造
HI380487.jpg
滝水流(はやせ) 山田錦・五百万石 精米歩合60% Alc15~16度

「何となく今日は純米酒…」と、相変わらず
何気なく師匠のお店を物色していると、冷蔵ケースで発見。
ふと見ると精米60%…。

「多分冷やして飲むんだろうけど、燗でも…」と
また意味のわからないチャレンジ魂が…。

さっそく自宅でまずは冷えた状態で飲むと、
口当たりもさらっとして、非常に飲みやすいです。

そして42~43度前後の燗にします。
…これまた非常に飲みやすいです。

「…う~ん、ちょっと物足りないかなあ…」なんて思っていると、
何杯目かを口に含んだときに米の旨みが急にふわっと出てきました。
すぐさま計ると、常温よりほんの少し高めの35~37度位です。

これを師匠にそのまま報告しますと、

「飲みやすいって難しいよね、料理に合わせやすいとも違うし…」

お酒よりこちらの返答に衝撃が走りました。
やはり純米酒は食中酒として、という観点を忘れてはいけないようです。

ちなみにお酒は勿論美味しかったです。
納得しないと紹介しないのを決まりにしてますので…。

(まだまだ悩みつつ…)
美味しいお酒への道創りへ

旬に… その2

前回「続く…」なんてしてみましたが、1回が長いと
途中で飽きられてしまうんではないかと、心配で、心配で。
どうぞご理解ください。

さて前回、今年話題となった低価格ボジョレーヌーボーを
紹介しましたが、これで終わってはただの酒呑みブログ。
今年は飲み比べに挑戦してみました。
再三ですが、普段ワインは飲みませんので、味についての
コメントについてはご容赦ください。

比較するのは、師匠のお店で予約購入しました、こちら。

ボージョレヌーヴォー ドメーヌ ド ビュイロン
HI380493.jpg
ガメイ種100%(オーガニック) 無ろ過

こちらは昨年も紹介した1本です。
前回の1本を空けた後でしたので、味の違いはハッキリしていました。

口に含んだときの赤ワイン独特の渋みはやはりボジョレーとあって、
若い印象を受けましたが、ワイン自体の味の厚みがちゃんと味わえ、
そして余韻が非常にあり、その余韻に数秒浸ってしまいました。

そして出した答えが…
「あっ、やっぱり…」、でした。

「旬だけど、財布が厳しいから安く…」
「旬だから、ちょっとは良いものを…」

非常に難しい問題で、どちらかを簡単に否定は出来ません。
元々ボジョレー自体も収穫のお祝いから発生したものですし、
両方の考えの根底には「旬を楽しみたい」がありますから。

今年は「低価格」という需要が非常に多かったということの
表れかも知れません、「デフレ」だそうですので。
ただペットボトルのワインは如何なものかと…。

(一番の驚きは一晩で2本空けたことでした…)
美味しいお酒への道創りへ

旬に… その1

気がつくと11月も半分終わり、「今年もあと少し…」という気分に
なりますが、11月で忘れていけないのはこちらですね。

HI380488.jpg

11月といえばボジョレーヌーヴォー、師匠のお店でも上の通り、
解禁に合わせて、ボジョレー&井筒ワインの試飲販売が行われました。

当日は平日の雨にもかかわらず、関心の高さでしょうか、
多くの人が試されて、気に入ったものを買って行かれていました。

そして今年のボジョレーの注目といえば、「低価格」に尽きたと思います。

というわけで飲んでみました。それがこちら。

フランソワ・フッシェ ボジョレー・ヌーヴォー
HI380492.jpg

スーパーの西友にて980円販売されていた1本です。
これまでの値段を考えると、「やはり安いなあ…」と素直に感じます。

さて味の方は…、普段めったにワインは飲まないので、味について
いろいろ言うのは自信はありませんが、僭越ながら…。

香りや口に含んだ時の味わいは至って普通の赤ワインでした。
ただ後味が非常に特徴的で、スパッと味が口の中から消えます。
切れ味がよいとも言えますし、若いゆえの淡白さとも言えます。

そして出した答えが…
「まぁっ、こんなもんかなあ…」、でした(単純でごめんなさい)。

さて、ボジョレー解禁日の夜がそう簡単に終わるわけではありません。
次回に続きます…

(ひとまず…)
美味しいお酒への道創りへ

行動に…

「焼酎は後に残らない…」、とよく聞きますが、
私ばかりは例外なのだと、いつも思わされます。
最近は純米酒の方が残りません、体質ですかね…。

先日、「まずは飲むべし」などと偉そうなことを言ってましたが、
まったく行動が伴っていないことに今更ながらに気づきました。

という訳で早速行動に移してみました。こちらです。

沖縄 (有)比嘉酒造
HI380486.jpg
残波ブラック 米麹 Alc30度

いきなりワインなんて柄でもないので、身近な所に落ち着きました。
沖縄では非常にポピュラーと聞きましたが、ただ本格的に瓶と相対するのは
初めてでしたので、ちょっぴり身構えてしまいました。

ところで泡盛とは、沖縄県産の黒麹菌により出来た米麹を水と合わせ、
発酵させた後、蒸留したお酒です。
一般的な本格焼酎は米麹と水を合わせ発酵させ、さらにそこに
主原料と水を合わせ発酵、蒸留となりますが、
泡盛は1回の仕込での蒸留となります。
「琉球泡盛」は「球磨焼酎」同様、地理的産地表示商品にあたります。

解説はさておき、まずは生で試します(恐る恐る…)。
本格焼酎とはまた違った独特な香りが口に広がりますが、
30度を感じさせない柔らかさがあります。

度数も度数でしたので、水割りで楽しむことに。
水で割ることで柔らかさはさらに増しましたが、
不思議なことにその亜熱帯な味わいがしっかり残っています。
気の利いた表現は浮かびませんでしたが、
「これは、これで…」と思いながら杯を重ねてしまいました。

ちなみに泡盛もしっかり後に残っていただけました…。

(やはり飲むべし!)
美味しいお酒への道創りへ

インパクトに…

ふとした時に何気なく目を向けた先に、
インパクトのあるものが入ってくる事ってありますよね。

この前、背中に「萌え」という刺繍の入ったジャンパーを着た
おじさんが目に入ってきました。
着せられているのか?好みなのか?意味を知っているのか?
考えるとキリがないので、私は深く考えないことにしています。

先日、師匠のお店でもちょっとしたインパクトが…。こちらです。

熊本 豊永酒造
HI380485.jpg
麦汁 麦・麦麹(熊本県球磨産) Alc25度

一瞬、銘を見た時、「まんまじゃん!」とつっこんでしまいましたが、
よく見ると、球磨焼酎「豊永蔵」の豊永酒造さんの麦焼酎。

一気に期待が膨らみ、さっそく購入。
師匠もこの時まだ試していなかったのでその場で試飲となりました。

生での試飲でしたが、銘のインパクトや、「無ろ過」の記を見ると、
ちょっとしっかりした感じを想像しましたが、飲んでみると
まったく正反対。口当たりもやわらかく、ゴチゴチした感もなく、
そして飲み終えが非常に爽やかです。

単に飲みやすいだけでないとこに、上手さを感じつつ、
ロックか水割りが良いかなと、師匠と結論に達しましたが、
自宅にてあえてお湯割りに挑戦しました。

お湯で割ると、逆に「無ろ過」の良さが出て、香りが広がります。
ほんわりとした香りを楽しみ終えると、先ほどの特徴的な飲み終えの
爽やかさが生のときのそのままにやってきます。

印象やイメージで簡単に決めてはいけないってことですね。

(まずは飲むべし…)
美味しいお酒への道創りへ

コラボに…

最近、また「たばこ増税」の声が聞こえてきましたが、
いくらに上がろうとも、意地でも優良納税者になってやろうと、
息巻いている今日この頃です。

さて、「コラボ」なんて言葉もさほど聞こえなくなりましたが、
今回は「コラボ」商品です。

秋田 日の丸醸造
HI380484.jpg
よーぐるしゅ
ヨーグルト 米アルコール 加糖 甘酒 酸味料 Alc7~8度

「まんさくの花」の甘酒と、同じく秋田の栗駒高原産ヨーグルトで作られた
リキュールになります。
こちら酸味料等も入ってはいますが、しつこい甘さもなく、
逆にヨーグルトと甘酒の良さが綺麗に出ていました。
良いものと良いものが組み合わされば、それはやっぱり良いものです。

ただ残念だったのは、私にとっては「飲むヨーグルト」だったことでしょうか。

(これも新しい出会い…)
美味しいお酒への道創りへ

球磨に・・・

先日、朝ボーっと歩いていると、前にいた自転車に乗った人が
カラスに背後から襲われていました。
「うわっ、ダサっ」と思った瞬間、同じカラスに
私も後ろから襲われました。皆さんもカラスにお気をつけください。

先日、こちらに参加して来ました。

第3回「球磨焼酎」大テイスティング大会 於 フォーシーズンズホテル
HI380480.jpg

球磨焼酎を醸す全28蔵が一同に会すイベントです。

球磨焼酎とは熊本県球磨・人吉地方の原料(米、地下水)で、
同じく球磨・人吉地方で蒸留、瓶詰めしたものになります。

この「球磨焼酎」という表記は、地理的産地表示が認められており、
日本では他に琉球泡盛、壱岐焼酎、さつま焼酎、
世界ではスコッチウィスキー、コニャック、ボルドーワインがこれにあたります。

当日は天候の悪い、平日の昼間ということもありましたが、
なかなかの盛況でありました。
また、時間帯にもよるのかも知れませんが、この時は年配の方が多く、
私が知るよりも長く親しまれていることを感じました。

さて、人気の高い県内「白岳」、県外「武者返し」「豊永蔵」は
飲んだ事はありましたが、それ以外はほぼ初めてでしたので、
またも全ブース試飲を決行いたしました。

各蔵元、どれも美味しかったのですが、一番気になったのはお薦めの飲み方。
お酒にもよりますが、ほぼロックで、お湯割りは2蔵だけでした。
「昔はお湯割り、今はロック…」なんて言葉を聞いてしまうと、
「お湯割りは廃れていってるのかなあ…」と気になってしまいました。

米焼酎は長く親しまれつつ、まだまだ可能性のあるお酒ですので、
このような機会にさらに広がっていくことを願っています。

(米に水、これもまた純米酒…)
美味しいお酒への道創りへ

師匠からのご案内

さて、先日の試飲販売会から息つく暇も無く、
またまた師匠からのご案内です。

HI380481.jpg

ボジョレーヌーボーと井筒ワインの試飲販売会が行われます。

11月と言うことで、ボジョレーヌーボーは勿論ですが、
注目は井筒ワイン。

なかなか注目度の高いワイン…、とのことです。
私もまだ試していないのでこの機会は逃せません。

(新しい出会いを楽しみに…)
美味しいお酒への道創りへ

相に…

メールの絵文字って、皆さん使いますか?
周りから「絶対使った方がいい」と勧められ、使ってはみるものの、
こういう時はこの絵文字!、というのがよくわからず、
「参考書みたいなものないかなあ…」と呟きながら、メールしてます。

お酒呑んで、張り詰めてたものがふと和らいだ時の気持ちを
表す顔の絵文字って、どんな絵文字なんでしょうかね。
ちなみに私はそんな時はメールしませんね、間違いなく。

普段は師匠のお店に通いっぱなしの私ですが、
外出先でふらふら歩いている時に、酒販店さんが眼に入ると、
必ず入ってしまう習慣があります。

先日入ったお店ではこちらを購入しました。

奈良 久保本家酒造
HI380478.jpg
純米 睡龍 米 米麹 精米歩合65% Alc15度

「飲みやすく、食中酒向き、ぬる燗が良いです」との
お薦めがありました。

さっそくぬる燗にしてみると、確かに口当たりから始まり、
身体に入るまで非常に柔らかいです。
そして舌の上で米の旨みを何気なく主張、でもでしゃばらない。
料理の味を引き立て、また料理により味が変わる可能性を
でしゃばらないくせに、ひしひしと感じてしまいました。

焼酎も食中酒と言われますが、これは料理の邪魔をしないだけで、
純米酒のように料理を引き立てたりはしません。
でも南九州の料理を純米酒で楽しむのも、また違うような…。
それぞれに相性があるということでしょうか。

(相に、合いに、やはりお酒のみ…)
美味しいお酒への道創りへ

師匠からのご案内

師匠からのご案内、というよりご報告。

先日、11月7日(土)14:00より
「まんさくの花&燗酒 神亀・日置桜」の試飲販売会が
予定通り行われました。

HI380459.jpg

当日、14時過ぎに私も伺いましたが、いきなりの大盛況!!。
あまりの大盛況ぶりに、写真撮るの忘れてしまいました…。

所用で1時間ほどしかいませんでしたが、その後も
盛況は夜まで続いたとの事…。

当日来られたお客さんの関心の高さと、
師匠の日々の営業努力にただ、ただ頭が下がりました。

次回もまた楽しみです。

(次は燗酒…、それとも焼酎…、梅酒なんてのも…)
美味しいお酒への道創りへ

一杯に…

11月に入り、ふと気づくとデパートとかでは
もうクリスマスモードに入っていますね。
まあクリスマスでも、どうせ一人部屋でお酒飲んでるのが
目に浮かんでしまう今日この頃です。

さて、最近焼酎が続いてしまったので、今回は純米酒で。

石川 菊姫酒造
HI380474.jpg
先一杯 兵庫県吉川町産特A山田錦 精米歩合65% Alc14~15度

「菊姫」といえば石川の銘酒と言われていますが、
こちらの蔵は醸造アルコールの添加にこだわった蔵でもあります。
以前に紹介した、IWCで賞を獲得した「菊姫鶴の里」も今でも人気の高いお酒です。
でも今回はその中でもあえて純米酒の方を選んでみました。

生で試すと、米の旨みがこっそり隠れているような感じが舌に残ります。
こちらはぬる燗が良いとの事でしたので、いつもの通り、40~43度位まで温めます。

ぬる燗にすると、先ほど隠れていたと思われた米の旨みが、
一本の筋のようにしっかり現れてきます。
しかし、ただしっかりではなく、周りを何かが優しく包んでいて、
身体を心地よくさせてくれます。

「先ず一杯」の銘ですが、一杯が二杯に、そして気づくと一本に…。
もしこれをもっと美味しくとふと考えた時、出てきた答えが、
醸造アルコールでした…。蔵の意向にも納得。

(最近ペースが早いのを気にしつつ…)
美味しいお酒への道創りへ

思いつきに…

最近、ぐっと冷え込むようになりました。
寒くなってきても、「まだまだ!」と気張ってはいますが、
実はもう既に負けそうな私がいます。
皆さん風邪などにはくれぐれも気をつけてください。
あとインフルエンザも。

このブログで、純米酒や本格焼酎を紹介していますが、
ふと、こんな事を思ってしまいました。

「お酒ってこれだけじゃないよな…」

そんな事を思い始めてからは「BARレモンハート」をブックオフで
買ってみたり、久々に洋酒を眺めてみたりしています。

師匠のお店でも悶々としながら棚を眺めていると、
ふと梅酒が目に入ってきました。

そして衝動的に、
「梅酒を温かくしてみたら、どうなるんだろう?」と思い、
それをそのまま師匠にぶつけると、

「あー、お湯割りで飲んだりもするからいいんじゃない」、
(恥ずかしながら梅酒のお湯割りは知らなかった私、間髪入れずに)

「お湯で割っても物足りないだろうから、燗つけちゃえば!」
(よくご存知です…)

やってみました。

奈良 梅乃宿酒造
HI380476.jpg
梅乃宿 梅酒
梅 日本酒 醸造アルコール 糖類 Alc12度

先日、「山廃純米吟醸 梅乃宿」を紹介した蔵元の梅酒です。

正直、私は梅酒が苦手です。飲めなくはないのですが、
甘さに飽きてしまったり、甘さゆえに飲みすぎてしまい、
あまりいい思い出がないからです。

生で試しますが、やはりどうも甘さに馴染めません。
「やはり厳しいかな…」と思いながらも燗につけ、
いつもの40~45度位で飲むとびっくり。

少々くどいかなと思われた梅酒の甘さが、
そのくどさが抜けて、丸みを帯びた甘さに変ってしまいました。
これならいけるとばかりに、お湯割りでなくともあっさり開けてしまいました。

私にとってとんだ思い付きが、新しい出会いになりました。
梅酒が好きな方、ぜひ燗もお試しください。

(前フリが長くとも…)
美味しいお酒への道創りへ

何気に…

先日、帽子は大リーグ レッドソックス、ウィンドブレーカーは
イタリア セリエA ACミランを着ている人を見ました。
人の事はまったく言えませんが、さすがの私も
心の中で「どっちかにしよーや!」と呟いてしまいました。

今回はいきなりこちらから、

鹿児島 小鹿酒造
HI380473.jpg
小鹿 黄金千貫 米麹(白麹) 常圧蒸留 Alc25度 

合間を見つつ、レギュラー酒巡りを続けていまして、
今回こちらが目に留まりました。

早速生で試しますが…、特に目立った特徴を感じることもなく…。

せっかくなのでお湯割りにして試します。
45度位から飲み始め、40度近くになる一瞬芋の甘みが
ほんわり出てきますが、さらに下がるとまたどこかへ行ってしまいます。

このままでは蔵元の方にも申し分けないのですが、
驚いたのはこの後。

他の作業をしていますと、何故か杯に手が伸びてしまいます。
「あーっ、美味しい」と意識はしませんが、やはり手が伸びます。
ふと気づくと1杯が2杯、それを終えると何故か「もうちょっと…」と。

そして、「これってもしかしてすごくない?!」とようやく気づきました。

なかなか不敵な焼酎との出会いでした。

(スっと、何気に…)
美味しいお酒への道創りへ

本格に・・・

11月1日は「本格焼酎の日」です。

その年の8~9月頃に仕込まれた焼酎の新酒が、飲めるようになるのが
11月1日ごろであることから制定されたとのことです。

記念すべき日ですが、あまり知られていない気もします。
私も時々忘れてしまいます。

今年はおかげさまで忘れていなかったので、
やはり師匠のお店へ足を向けます。
(やっぱりかい?…その通りです)

店に着くなり、
「本格焼酎の日にふさわしい焼酎を…」と、また訳のわからないお願いを…

「それじゃあ、これだね」と、お薦めされたのがこちら。

宮崎 小玉醸造
HI380177.jpg
杜氏潤平

「あっ、さすが!…」と思いましたが、心の中でもう一人の自分が、

「気持ちは分かるけど、懐寂しいやろ、自分!」

はい、その通りでした。気の利いたもう一人の自分がいました。

そしてもう一人の自分を納得させた1本がこちら。

宮崎 京屋酒造
HI380472.jpg
かんろ 甘藷 米麹 Alc25度

原料にこだわった「甕雫」 「甕雫・極」、麹米に山田錦を使った「空と風と大地と」、
そして最近では海外向けに「サムライダンス」を醸す宮崎を代表する
焼酎蔵のレギュラー焼酎です。

早速生で試しますが、レギュラー銘柄らしからぬ芋の甘み出し方が特徴的で、
蔵の上手さを感じさせます。

これを5:5ほどのお湯割りにすると、生では味わえない優しい感じが、
まさに「だれやめ」でした。

家で野球中継見ながら、ゆっくりいただく。
この日に更に本格焼酎を身近に感じました。

(この日でなくとも…)
美味しいお酒への道創りへ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。