美酒爛々

美味しいお酒を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真で紹介 その14

久々に写真で紹介シリーズです。

岩手 あさ開
あさ開 純米


まだまだ続きますので、お付き合いのほどを…。
スポンサーサイト

イベントに… その4

おかげさまで夜の時間をもてあまし、一人呑みばかりな今日この頃です。
ホッピーも美味しい!

さて今回を含め4回に渡って、私なりの酒イベントの歩き方を
紹介してきましたが、今回が最後になります。
繰り返しになりますが、あくまで個人的なものですので
参考にはなさらないでください。

本題の前にこちら。
iphone_20110707164610.jpg

さて、知っている蔵元は外すとはいえ、知らない蔵がほとんど…。
しかもそれぞれのブースにはいくつもの銘柄が。

皆さんはこういう時、どのお酒を選ばれるのでしょうか?
珍しいお酒、普段は飲めない高いお酒、やはりみなさん
それぞれかと思いますが、私は…

その4 レギュラー純米酒のみ呑む

各蔵元さんが持ってこられる銘柄が1種類ということはなく、
多くの銘柄を持ってこられます。
これを全て飲んでいたら、ひとつの蔵元さんで酔うのは確実。

そこで私は、蔵元さんが持ってこられた数あるお酒の中で、
純米酒だけを選んで飲むようにしています。

「純米大吟醸…」、勿論これも飲んでみたいのですが、
200%美味しいですよね。それよりは普通の純米酒の方が
それぞれの蔵元さんの特徴がわかる…気がしています。

そしてこれは勝手な持論ですが、お酒は身近にないといけない。
遠いところにいると探しに行くのもなかなか億劫になります。
(懐の問題といえば、それまでですが…)
だからレギュラーの純米酒だけを選んでます。

そんなこんなで選んだお酒の中で美味しいものを発見したときは
本当にうれしいです。でも詰るところ、美味しいお酒飲んで、
楽しい時間を過ごせれば、それで良いんですけどね。

(オチが結局酒呑みの理論ですが…)
美味しいお酒への道創りへ

イベントに… その3

少し気を抜いてしまうと、すぐに間が開いてしまいます。
相変わらずの悪い癖です…。

さて、前回、前々回に引き続き、今回も酒イベントの歩き方について…。
(やはり個人的ですので、参考にはなさらずに…)

文章だけでは面白くもありませんので、まずはお酒の写真を。
iphone_20110707164515.jpg

会場へと向かう道すがら考えたテーマもあっさり崩れ落ち、
さてどうしたものか…。

もちろん既にお酒の香りが、「早よ、来い」といわんばかり漂ってます。
こうなったら呑むしかありませんね。

その3 知っている蔵元は外す

飲んだことのある蔵元さんや、有名な蔵元さんは
私の場合、外すようにしております。

お酒も一期一会といえば格好いいかもしれませんが、
この機会を逃すと、もしかしたらもう飲む機会がないかも…と
思える蔵元さんを意識的に探すようにしています。

勿論、まだまだ多くのお酒を知っているわけではないので、
知らない蔵元さんがほとんどなのですが…。
この時も結局はほぼ全て回る結果となりました。

では、それぞれのブースでどう飲むのか…
それはまた次回に。

(次でイベントの歩き方終わります…)
美味しいお酒への道創りへ

イベントに… その2

夜に時間ができるようになり、何をしてよいか相変わらず何をしてよいやら…。
とりあえずあんまり飲み歩かないようには気をつけております。

さて前回に続いて、イベントでの歩き方をご紹介いたします。
(繰り返しになりますが、個人的なものですので参考にはしないでください)

文章だけでは寂しいので、長野酒メッセにて美味しかったお酒の写真も。

iphone_20110707164447.jpg

では本題へ。

その2 テーマを決める

前回の繰り返しになりますが、そうそう全部の蔵の特徴を飲んで掴むのは難しいです。
しかしあらかじめイベントを通してのテーマを決めておくと、
意外と目移りすることなく、どこを飲むべきか、どれを飲むべきかが見えてきます。

ちなみに先月サンシャインシティで行われた日本酒フェスティバルでの
私のテーマは、「イメージがはっきりしない地域のイメージ作り」でした。
これにより、行くべきところがはっきりしてきました。

今回も会場への道すがら、
「長野は広いから、各々の地域でまた味の違いがでてくるのかな?」
なんてことを考えておりました。
テーマというと大げさかもしれませんが、大抵こんな程度です。

しかし会場入りすると、このテーマを遂行するのは難しいと気づきました。
どの蔵がどこにあるのか、私よくわからないのを忘れてました…。

それでもイベントは楽しめます。次回に続きます。

(引っ張るネタか?と聞かれそうですが…)
美味しいお酒への道創りへ

イベントに… その1

梅雨が明けたとのニュースに、雨が降ったことをまったく思い出せずにいます…。
暑い毎日が続いてますので、体調にはくれぐれもお気をつけください。

さて、またまた少し時間が経ってしまいましたが、先日こちらに行ってまいりました。

長野酒メッセ 於 グランドプリンス高輪
iphone_20110707164257.jpg

今回もなかなかの銘酒に出会うことができました。

例えばこちら
iphone_20110707164351.jpg

ところで今回から何回かに分けて、このような日本酒イベントでの歩き方をご
紹介いたします。
数回に分けるのは、1回にまとめると大変長く見づらくなりますので…。
(あくまでも私なりの歩き方ですので参考になるものではありません)

その1 予習する

ある程度参加蔵がわかっていますので、時間に余裕がある時はあらかじめ
ターゲットを定めます。
酒を利く時、口に含み吐き出すのが基本ですが、私の場合、せっかくのお酒が
もったいないのと、「飲まないとわからん!」という勝手な理論?を持ってますので、
がわかるのはせいぜい3~4蔵。
(3~4蔵については以前、全ブース制覇と意気込み、
途中からよくわからなくなった経験からです)

ちなみに今回は…、ノープランでした…。

さて、予習はしなくてもイベントには参加できます。
次の歩き方につきましては、また次回に…

(ネタない?と聞かれそうですが…)
美味しいお酒への道創りへ

写真で紹介 その13

気を抜くと空いてしまいますので…。

宮城 佐浦
浦霞 山廃特別純米


味を忘れてしまいました…。
またじっくり味わいたいです。

写真で紹介 その12

写真見てると、飲みたくなってくるのは私だけでしょうか…。

宮城 墨廼江酒造
墨廼江 しぼりたて 生


あーっ、飲みたくなってきますね。

写真で紹介 その11

まだまだ続きます。

岩手 南部美人
南部美人 特別純米


呑むのも支援…。
呑む言い訳かもしれませんが…。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。