FC2ブログ

美酒爛々

美味しいお酒を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お初に…後編

最近、江頭2:50の名言集にハマってしまった今日この頃です。

「人としての底辺?いいじゃねぇか。どんなにどん底にいても、
 どんなにボロボロになっても生きれば。生きること自体が
 お前の輝きだ。」
「生まれたときから目が見えない人に、空の青さを伝えるときに
 何て言えばいいんだ?こんな簡単なことさえ出来ない俺は
 芸人失格だよ」

久々の衝撃でした。

さて、相も変わらず間が空いてしまいましたが、
先月に行った東京・小澤酒造「澤乃井」の蔵見学報告の続きです。
やっと蔵のご案内です。
(写真紹介とのご指摘はやはりご遠慮ください)

まずはこちら。
澤乃井⑨__

蔵の入り口にある神棚です。
ここから蔵の中に入りますが、中は非常に暗く、ひんやりしています。
貯蔵にあたって温度差があってはいけないのは当然ですが、
昔からその当然なことのための造りが蔵全体に施されていました。

そして唯一何とか蔵内で撮れた写真がこちら。
澤乃井④__
保管されている古酒の棚です。

私の目の前にあったのがこちら
澤乃井⑤__
11年前の純米大吟醸です。釘付けでした。

見学自体は小一時間程度で終了しました。少々早足な感も覚えましたが、
気兼ねなく楽しんでもらうのには十分ではないかと思います。

そして見学を終えた後はそのまま普通に帰るわけもなく、
蔵の道路向かいにある「澤乃井園」へ。

澤乃井⑧__

こちらは屋外のフードコートで、「澤乃井」のお酒や軽食を楽しむことが出来、
また隣接の建物の中には利き酒カウンターもあります。
わかりづらいかもしれませんが、奥のテーブルには外国人のグループが、
しかも一升瓶が2本も…。

ここでいただいたのがこちら
澤乃井⑦__
澤乃井純米吟醸 蒼天
非常に口当たりのよい、「純米吟醸」のイメージそのままの1本でした。
ちなみにぬる燗もイケるそうです。

2回にわたって、「澤乃井」小澤酒造の蔵見学の報告をさせていただきました。
全体を通して、「観光地の一部みたい」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
個人的にもそれを感じました。

でも、それでいいんじゃないでしょうか。綺麗な景色を眺めながら、蔵を見学し、
そして付設の空間で、お酒を楽しむ。日本酒を知って、楽しんでもらえる、
多くの人にとっての日本酒への入り口に出会った気がしました。

(ちょいと長くなりましたが…)
美味しいお酒への道創りへ

店舗情報
住  所 東京都豊島区西池袋4-32-2サンハイム
電話番号 03-5926-8553(16:00~)
営業時間 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日  日曜日のみ、祝日も営業
詳細はこちらをご参照ください
Yahoo!グルメ 店舗情報

銘柄情報 
純米酒(12月8日現在 1合380円より)
島根・十旭日山田錦三年熟成(こちらは1合480円)
島根・十旭日純米吟醸原酒佐香錦55(こちらは1合480円)
広島・瑞冠超から口
秋田・雪の茅舎山廃純米
十旭日が2種類も!
    
本格焼酎(12月8日現在 ロック45ml 200円 お湯割り1合 380円)
宮   崎 日向あくがれ(芋)あくがれ14°(芋)赤霧島(芋)
       黒霧島20°(芋)しろ銀滴(芋)古澤(麦)
       隠シ蔵ノ三悪人(麦)駒(麦)赤とんぼの詩(米)
       御幣(芋)
鹿 児 島 晴耕雨読未三年也(芋)蔵の師魂麦(麦)
熊   本 武者返し(米)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bisyuranran.blog117.fc2.com/tb.php/328-27e4d705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。