美酒爛々

美味しいお酒を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家飲み宮崎焼酎紀行 その10 高千穂酒造

「今日は飲まない、飲まない…」とつぶやきながら、
気付くとホッピー片手な今日この頃です。相変わらずの意志の弱さ…。

さて久しぶりの宮崎焼酎シリーズですが、ちなみに飲んだのは昨年末…。
これまた相変わらずの遅筆さ…、でもお酒の味は覚えてますので、お許しを。

今回ご紹介するのはこちらです。

宮崎 高千穂酒造

高千穂白ラベル
麦 麦麹(白麹) 常圧蒸留 Alc25度

名前の通り、宮崎の北部高千穂町にある蔵元さんの1本です。
高千穂と言えば、前知事の頃に多くのメディアに取り上げられた
高千穂峡や、夜神楽などで有名な地域です。

詳しくはこちらをどうぞ
高千穂町観光協会

さて肝心の焼酎の方ですが、麦、麦麹の組み合わせに加えて、常圧蒸留、
飲む前から麦の味わいが期待できますが、まったく裏切りません。
杯に注いだ時から麦の香りが立ち上がり、口に含むと厚みのある、
どっしりとした麦の味わいが口、喉、身体へと広がっていきます。

でも不思議と変に後味が残るわけでもなく、気付くと瓶を手に持ってしまいます。
自然豊かな高千穂の水の良さ、造りの良さ故でしょうか。
またこちら大手量販店さんにも普通に並んでおり、CPも素敵です。
勝手ではありますが、焼酎の基本はやはり「だれやめ」、安く、
そして近くにありませんとね。

(付録のカップに魅かれたわけではないということに…)
美味しいお酒への道創りへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bisyuranran.blog117.fc2.com/tb.php/392-82c97e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。